『そして父になる』、カンヌで公式上映!福山雅治、黄升ゲン(所属事務所エーチームグループ・エーライツ)ら主要キャストがレッドカーペットを歩く!

『そして父になる』、カンヌで公式上映!福山雅治、黄升ゲン(所属事務所エーチームグループエーライツ)ら主要キャストがレッドカーペットを歩く!
kannnu05213canvas.png
「第66回カンヌ国際映画祭」の最高賞を競う「コンペティション部門」に出品されている「そして父になる」(是枝裕和監督、10月5日公開)の公式上映が、メーン会場で行われた。上演後、およそ10分ものスタンディングオベーションを観客から受けた主演の俳優・福山雅治(44)は思わず男泣き。是枝監督、共演者は現地時間26日(日本時間27日未明)に発表されるパルムドール(最高賞)に向け、手応えをつかんだようだ。
kannnu05214canvas.png
会場が明るくなり、エンドロールが終わっても拍手は鳴りやまない。およそ10分間。客席のあちらこちらから「ブラボー!!」の歓声が飛ぶ。初のカンヌ。今まで体験したことのない世界の真ん中に立っていた福山の目には、光るものがあった。

「男泣きでしたね。自分のことでは泣けないけど(是枝)監督に降り注ぐスタンディングオベーションがすごくうれしかった」「芝居以外ではあまり泣かないの で。前回人前で泣いたこと? 覚えていないですね」。それほど珍しい福山の涙。それは、観客に作品が受け入れられたことを確信し、隣で泣いていた是枝監督 への感謝からだった。

2年ほど前、是枝監督に「作品に出させてほしい」と福山は依頼した。「『是枝さんの映画が好き』という シンプルな始まりで、そのときは、この場所に来ることなんて全く想像していなかった。自分で来たというより、連れてきていただいたという感じですね」。当時は考えもしなかった壮大なストーリーの中心に今、立っていることを喜んだ。


拍手を 浴びている最中、是枝監督に「おめでとうございます。いいもんですね。こういうときには、どうすればいいんでしょうか?」と声をかけたと思うが、記憶が定 かでない。劇場を後にしてから約1時間後、もう一度、振り返り「夢見心地だったからね。こういうときに、口にした言葉をちゃんと覚えてたら、何かイヤなヤ ツじゃない?」とおどけたのは、福山流の照れ隠しだったのかもしれない。
kannnu05216canvas.png


関連記事
[ 2013/05/21 15:44 ] エーライツ 事務所 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ギャラリー
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグのリスト