スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AKB48ドラフト開催、大島優子が明かしたドラフト指名理由とは?

AKB48ドラフト開催、大島優子が明かしたドラフト指名理由とは?

11月10日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で「AKB48グループ ドラフト会議」が開催された。イベント終了後には、AKB48の総監督を務める高橋みなみ、チームKキャプテンの大島優子らが報道陣の取材に応じた。

11108

11109

後藤萌咲(ごとうもえ/小6/12)さんと下口ひなな(しもぐちひなな/小6/12)さんの2名との交渉権を獲得したチームK。キャプテンの大島は、「2 人は、レッスンの時から『ナマイキーズ』って組んでたみたいなので、AKB48にそういう生意気な子が必要だなって思って指名しました」と指名理由を説明。「そんな風に言っちゃうくらい、おてんばな2人にお姉さんたちがあたふたする姿が楽しみです」と早くも胸を弾ませた。

111011

▲「AKB48グループ ドラフト会議」に出席した大島優子

また、高橋は今回のドラフト会議を振り返り「初めてのことなので、私たちも正解が分からないまま挑みました。彼女たちの頑張りを見ていると、全員とりたいって気持ちが生まれました」とコメント。これから行われる交渉については、「分からないことがたくさんあります。地方から来てくださった子もいるので、いろいろな兼ね合いがあると思います。彼女たちの決断によるのかなと。スタートラインを切るかは、彼女たちに決めていただきたいなと思っているので、相当ドキドキしています」と本音を明かした。

同イベントではAKB48、SKE48、NMB48、HKT48の全10チームキャプテン(※SKE48はリーダー)が、各劇場支配人と協議の上、候補者の中から、自分たちのチームに必要な人材を指名し、新たなチームメンバーを決定した。ドラフト指名され、チームが決定した候補者は各チームに加入し、「ドラフトメンバー」として活動する。指名された20名の候補者にはチーム入りを拒否する「拒否権」があり、交渉期間は最長で12月末日まで。
なお、今回選ばれなかった候補者は、今後AKB48グループのオーディションが開催された場合、最終審査から“飛び級”で参加することができる。

関連記事
[ 2013/11/11 19:15 ] 芸能ニュース | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ギャラリー
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
タグのリスト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。