スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

芹那(エーチームグループ・エープラス所属)が菅野投手にアドバイス、「ゴマすりが大事」

芹那(エーチームグループエープラス所属)が菅野投手にアドバイス、「ゴマすりが大事」

ブルーレイ&DVD「マン・オブ・スティール」のリリースを記念し、ワーナー エンターテイメント ジャパンが贈る「マン・オブ・ザ・イヤー2013」の授与式が、12月9日に都内で開催され、受賞した読売巨人軍・菅野智之投手とスペシャルゲストの芹那(エーチームグループエープラス所属)が登場した。

121741

'13年で3回目となる本アワード。ことしは、スーパーマン誕生を描いた映画「マン・オブ・スティール」のストーリーにかけ、“2013年に誕生した新スーパーマン”として、今シーズンの特別新人賞を受賞し、日本シリーズでは東北楽天ゴールデンイーグルス・田中将大選手に唯一の黒星をつけるなど、投手として目覚ましい活躍を見せた菅野投手が選ばれた。

お祝いに駆け付けた芹那は、大学時代、中畑清氏(元・巨人軍選手/現・横浜DeNAベイスターズ監督)に焼き肉店で「タレントやればいいじゃん」と声をかけてもらったことで背中を押され、芸能界に挑戦したという過去を披露。菅野投手も「(球場で)僕たちがあいさつをすると『頼むから打たれてくれよ』とか面白いことを言ってくれる」と中畑氏の人柄がうかがえるエピソードを話した。

1017s

野球は「テレビで見るくらい」という芹那と菅野投手の会話は終始ちぐはぐで、「菅野選手のような男性はどうでしょう?」と司会者に聞かれると「あの…なんですか…すごいと思うんですよ」と漠然とした回答。菅野投手は苦笑いしつつ「ありがとうございます」と返した。

また“最強の敵”について聞かれた菅野投手は「阪神タイガース」と答え、「阪神甲子園球場で阪神戦をやると本当にアウェー。野次も浴びせられて帰りたくなるような雰囲気です。だからこそ阪神に勝ちたいと思いますね」とたくましさを見せた。一方、芹那は「一番負けたくないのは過去の自分です」と答え、司会者に褒められると、「今のコメントを(記事に)使ってください!」と記者たちにアピールした。

121739

式後の囲み取材では、「菅野選手の活躍は分かっていますか?」という記者の質問に、芹那がしどろもどろになりながら「日本の大切なものなんだなってことは分かってます」と答えると、菅野投手は「国宝級ってことですか(笑)。来年は国宝級の働きができるように頑張ります」と優しくフォロー。特別新人賞受賞について芹那に「(受賞できなかった選手に)『チクショー』と思われているってことですよね。もらってどうですか?」と聞かれると、困惑しつつも「チクショーって思われないように、みんなにゴマすってます」と答えた。すると芹那は「そう! ゴマするって大事ですよね! 頂点に立つとみんなに嫌われちゃいがちだから…」と芹那流アドバイスを菅野投手に送っていた。

スポンサーサイト
[ 2013/12/23 07:12 ] エーチーム事務所 | TB(0) | CM(-)

今井華(エーチームグループ・所属事務所エーライツ)、テレビですっぴん公開!―TBS系「今、この顔がスゴい!」

今井華(エーチームグループ・所属事務所エーライツ)、森下悠里ら女性芸能人6人がテレビですっぴん公開!―TBS系「今、この顔がスゴい!」 ―普段ギャルメークの今井華は「プチ整形メーク」で清楚(せいそ)系美人に―

若者向け女性ファッション誌「JELLY」の専属モデルとして活躍する今井華(エーチームグループ・所属事務所エーライツ)やタレントの森下悠里、マルシア、お笑いコンビ「たんぽぽ」ら6人の女性芸能人が、9月5日に放送されたTBS系のバラエティー番組「今、この顔がスゴい!」に、すっぴんで出演していることが分かった。

0912I5

09126

「今、この顔がスゴい!」は、櫻井と有吉がMCを務める知的情報バラエティー。今回は、過去1度放送し、2人が驚いたスゴ技メーク術の第2弾で、メークに悩む女性芸能人として、森下悠里、マルシア、たんぽぽの川村エミコ、白鳥久美子のほか、若者向け女性ファッション誌「JELLY」の専属モデルとして活躍する今井華(エーチームグループ・所属事務所エーライツ)、モデルでタレントのソンミがすっぴんでスタジオに登場し、スペシャリストのスゴ技メークの数々を体験し、驚きの変身ぶりを披露した。

09127

▲今井華(エーチームグループ・所属事務所エーライツ)

番組では「櫻井・有吉vsすっぴん女性芸能人!スゴ技メイク術SP!」と題して、前回出演し、顔の半分だけメークする「半顔メーク」を施した恋愛バラエティー番組「あいのり」出身の人気ブロガー・桃さんが、再びそのテクニックを披露。白鳥久美子は、元「AKB48」の板野友美の“そっくりさん”でおなじみのざわちんが施す「マスク顔メーク」で、一般人10人とともにマスクをしたきゃりーぱみゅぱみゅそっくり集団に変身する。

森下悠里とソンミは、劇的に変わる「整形メーク」で地味顔から派手顔に。逆に普段ギャルメークの今井華は「プチ整形メーク」で清楚(せいそ)系美人になる。一方、マルシアは、顔だけではなく、手の血管や胸元などにメークをして若返る「ボディーメーク」に挑戦する。あまりの劇的な変身ぶりに、櫻井は「(メークの過程を)知らない方がよかった。だまされていたかった……」と苦笑い。有吉さんは「いいんじゃない」と肯定しつつも、おなじみの毒舌を披露しているという。番組は毎週木曜午後10時スタート。

[ 2013/09/14 06:46 ] エーチーム事務所 | TB(0) | CM(-)

初音映莉子(エーチーム所属)ハリウッドデビュー作・『終戦のエンペラー』 /松村邦洋とやしろ優による公開記念トークイベントをリポート!(2)

初音映莉子(エーチーム所属)ハリウッドデビュー作・『終戦のエンペラー』 /松村邦洋とやしろ優による公開記念トークイベントをリポート!(2)

082316

MC:貴重なものを見れましたね(笑)。改めてやしろさんに伺います。「終戦のエンペラー」をご覧になって、女性として、そして現代の若者の目線でどのように感じられましたでしょうか。

やしろ優さん:やはり私は、アヤさんがとても印象に残ってます。一見、綺麗でおしとやかに見えるけど、自分の意思をきちんと持っている方で、あの時代、外国の方と付き合うのはすごい壁があって、周りから冷たい目で見られることもあったと思いますが、すごく心が強いですよね。私がとても好きなシーンが1つあって、アヤが日本に帰ってしまって、その後を追って、フェラーズが日本にやって来たとき、素直な気持ちになれずに「何で来たの?」という感じになるんですが、アヤの目の前にフェラーズが出てきたとき、自然とアヤが笑顔になってしまったとき、乙女の顔が垣間見えたのが、とても良かったです。

松村邦洋さん:この今の平和な時代でも難しいことなのに、あの時代に生きていた、この2人の愛情は本当にすごいと思いました。感動しました。

082317

MC:初音さんはオーディションで選ばれたのですが、最初は英語が全く出来なかったそうで、一番難しかったと言っていました。

やしろ優さん:そうなんですか?てっきり英語話せる方なんだと思っていました。すごいですね。

松村邦洋さん:映画の中で、最後にたくさんお手紙を書いていたじゃないですか。すごく思いが強くて、素晴らしい日本人女性だと思いましたね。

082318

MC:今とは違い国際結婚などなかなかできなかった時代と思います。やしろさんご自身は外国の男性はいかがですか?

やしろ優さん:かっこいいですよね。フェラーズさんみたいなかっこいい人がきたら、好きになっちゃいますよね(笑)。私、背が高くてガタイがいい人が好きでなんです。

松村邦洋さん:やっぱり、自分にない物を求めるんですね(笑)。

MC:ちなみに、芸能界に入って、この人は別格にカッコイイ!という人はいますか?

やしろ優さん:たくさんいますよ(笑)。松村さんもとっても素敵な方だと思いますし・・・。あとは、もともと私はSMAPの香取さんが好きだったのですが、実際にお会いできて嬉しかったです。会話はまだ出来てないですが、一緒の舞台には立たせてもらいました。

MC:映画の中で「本音と建前」は日本人の独特の文化として描いていますが、お二人はどんな時に「本音と建前」を使い分けますか?

松村邦洋さん:
<堺雅人さんのものまねで>
堺雅人です。本音と建前は必要ありません。とにかく松竹から5億の回収をしてきましたやられたらやりかえす、倍返しだ!本音と建前はいりません。やられたらやりかえす、倍返しだ!!

(会場笑)

でも、本音と建前は必要ですよね。映画の中で、西田敏行さんも言ってらっしゃいましたが、本音と建前、上手く使い分けていきたいですね。大事ですよね。

やしろ優さん:
<倖田來未さんのものまねで>
どーも。倖田來未でーす。こんにちは。くーはいつもホンネで生きたいなって思ってるんだけど・・・。っていうか、ちょっと聞きたいんねんけど、この中で「ホンネで生きてる」っていう人!

MC:ちょっと、ちょっと・・・a-nationじゃないですからね(笑)。

やしろ優さん:
<倖田來未さんのものまねで>
えっ、違ったん?いや間違えた間違えた(笑)。

082313

MC:「お互いの文化や考え方を知る」ということが映画の1つのテーマにもなっていますが、ものまねをする際にどこまで対象の方を調べますか?

松村邦洋さん:僕ね、好きな人しか出来ないんですよ。好きだから、生い立ちから何から調べあげて、その人になるってことです。

MC:演技でいうとメソッド方ですね。

松村邦洋さん:そうですね、もうその人になりきるということですね。好きじゃなくてチャレンジするということはまずないですね。

MC:やしろさんはそんなことないですよね?(笑)。

やしろ優さん:いや、私も大好きだから、やらせていただいてるんです。大好きなんですよ。芦田さんも幸田さんも!

MC:苦情とかは来ないんですか?(笑)

やしろ優さん:
<芦田愛菜さん>
「何にも聞いてないよ!まだ耳に入ってきてない!」

<倖田來未さん>
「もっともっとやってやってって言われます!」

<桃井かおりさん>
「こんにちは、桃井かおりです・・・」

MC:なぜか桃井さんのものまねをされると、最初に椿鬼奴さんが入ってくる感じがしますが・・・(笑)。

MC:ありがとうございました。最後に、どんな人に観てもらいたいですか?

松村邦洋さん:若い人に観てほしい。あまり分からない方々に、この映画を観てほしい。夏八木さん、中村雅俊さん、西田敏行さんは大河ドラマで家臣を演じていた方ですよ。夏八木さんは奈良橋さんのお祖父さんなんですよね。不思議なつながりもありますよね。

[ 2013/08/25 06:41 ] エーチーム事務所 | TB(0) | CM(-)
ギャラリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
タグのリスト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。